脱毛サロンで行う脱毛

脱毛方法としてはよく知られているのが、医療機関で医療用レーザーを利用したレーザー脱毛、同じく医療機関で医療用針を利用したニードル脱毛、そして脱毛サロンで行うフラッシュ、IPLなどの光脱毛があります。

医療機関で行うレーザー脱毛は、単体のレーザーを利用しメラニン色素に反応する特性を活かし、毛根部分を破壊するという方法です。照射力が高いので効果が高く、回数、期間が短く済むということ、しかし、光脱毛などと比較すると費用が高くなるというデメリットがあります。

医療用針はごく細い針を利用し毛穴一つ一つに挿入し、微弱電流を流して毛根部分を破壊します。非常に効果の高い方法でむだ毛を一つ一つ処理することになるので、徹底した脱毛処理ができます。但し痛みが強く我慢できないという人も多いです。費用もかなり掛かるので、部分脱毛には適していますが、全身脱毛は費用がかかりすぎて現実的ではありません。

光脱毛は痛みも少なく料金に関してもほかの方法と比較して安く脱毛処理できます。波長の違う複数の光を利用します。レーザーと同じようにメラニン色素に反応する光で、強度はレーザーよりも低くなりますが、肌にやさしく刺激が少ない方法です。色々な光脱毛が登場したことで、肌が弱い方、乾燥しやすい方などにも効果的な方法があり、選択肢が広いということも脱毛サロンで行う脱毛のよい部分でしょう。